行き当たりバッチリ
フッカーSの趣味や、日々の出来事、思ったことなどを書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガスマスクが描きたかった。



久々にフォトショップでお絵描きした。自分的にはまだ「余白」がある気がしてアレだけど、あんまりゴチャゴチャし過ぎると見苦しいだろうからなぁ。


スポンサーサイト

アイドルの恋愛について

最近、アイドル活動に際して所属事務所と恋愛禁止の契約をしたアイドルが、禁を破って恋愛に至り、所属事務所から契約違反だと訴えられる裁判があったそうです。裁判の結果は、芸能事務所側の敗訴。そりゃそうでしょう。アイドルだって一人の人間なんですから、芸能事務所の商品である前に、人間としての権利があるはずですね。そもそも、いまどき、アイドルに清廉潔白を求めてるファンなんているのでしょうか。これだけいろんな情報が入り乱れる時代に、アイドルだけが清く正しくつつましいとは誰も思わないでしょう。ネットを探ればアンチの書込みだってあるでしょうし、週刊誌の想像だけのゴシップ記事だってあるわけですから。それに、アイドルが恋愛をしたところで、商品価値としての何が損なわれるというのか。むしろ、恋愛をすることによって、充足感から来る明るさが表情に出てきたり、所作などにより女性らしい一面が出たりするものなんじゃないでしょうか。ファンだって、自由を奪われてどこか窮屈にしてるアイドルの顔を見るよりも、自分の好きなアイドルが幸せに包まれて輝いている方が良いと思うんではないか。まあ、アイドルを独占したい、自分以外の誰かを好きになって欲しくはないというファンの心理も分からなくはないですが、じゃあそういうファンはアイドル以外の誰とも付き合わないのかと言えばそうじゃないわけですから、アイドルだけに理想を押し付けるのは身勝手でしかないですよね。これが何らかの犯罪行為や反社会的な行動っていうなら話は分かりますが、恋愛や交際は別に悪事でも何でも無いのですから、恋愛をしたアイドルのイメージが落ちたりバッシングを受けることは無いと思うのです。ですから、そもそも芸能事務所側がそれを禁止する意味がわからないのですね。恋愛にかまけ過ぎるとアイドル活動に何らかの支障が出て来る場合もあるかもしれませんけど、最終的にはそのツケは自分に回ってくるものでしょうから、そこは自己責任で良いんじゃないですかね。ルールはルールであり、双方が納得して契約した以上は守るべきじゃないかという意見もあるでしょうけど、会社が決めたルールよりも万人に与えられた権利の方が下なんてことがあるはずはありません。また、教育を前提とした学校のルールとは違います。社会のルールというのは、そこから外れる行為が犯罪にあたることだったり、何らかの実害があるから定められているわけですが、恋愛行為はべつに反社会的な行為では無いわけですから、それを禁ずるルールというのはある意味不当な命令だと思うのですね。「恋愛するならアナタを応援しないよ」なんてのは、まるで強者の脅しですね。つまり、双方が対等な立場にはありませんから、名目上は「お互いが合意の上の契約」であっても実際は不当な契約に等しく、これが消費者契約法だったなら契約自体が成立しません。そうなれば、芸能事務所が恋愛したアイドルを訴えること自体があり得ないと思うのです。だいたい、そういうルールだらけの芸能事務所って、所属するアイドルも居心地が良くないでしょう。まあ、一応は会社だし、芸能活動だってお仕事だから、いろいろと上下関係や制約はあって当然かもしれませんが、少なくとも夢を売る商売をするなら恋愛を禁止する前にもっとアイドルとのアットホームな関係を築いて、会社自体にも夢や希望を見出せるようにすべきだと思う。ましてや、アイドルは商品だ・・・なんていう芸能事務所は冷たすぎます。もっと人間として認めてあげるべきだと思います。人間として一番充実して輝いている頃に、恋愛という人生の大きなイベントを奪う・・・・それだけの権利が芸能事務所にはあるのでしょうか。それを奪ったことに見合うだけの代償を、芸能事務所は支払っているのでしょうか(または払えるのでしょうか)。ひと昔前の奴隷制度じゃないんだし、いまはアルバイトだって雇用先に権利を主張できる時代ですよ。アイドルの世界だけ何だか時代がストップしてませんか?芸能事務所はもちろん、アイドルを応援するファンも、もっと親の目線というか、包容力をもってアイドルを見守った方が良いと思います。アイドルは清廉潔白で、自分以外の誰とも付き合って欲しくない、ハァハァ・・・なんて、気持ち悪いったらありません。最近は、未成年のアイドルも多いけど、だからファンだってもっと親のような立場でアイドルを応援出来るはずだと思うのですね。まあ、アイドルと擬似恋愛を妄想することがダメってわけでは決して無いですが、自分より年齢が若いアイドルに恋心を抱くのは何か違う気がするのですね。そういうファンが多い(またはアイドルに幼さを求める傾向がある)日本ってのは、他の国に比べて精神面で幼いというか、やっぱり特殊だなぁと思いますね。
突然こんな記事を書いてしまいましたが、恋愛禁止を言いつけられてるアイドルが、テレビのとある生番組で片思いの彼氏が居るという話をしてるときの顔まっかっかの表情やしぐさがあまりにも可愛くて、いままでそのアイドルを見ても可愛いとも何とも思ってなかったのに「あ。何か可愛い!」と思ってしまったことで、記事を書かずにいられなくなったのです。まるでそのアイドルの親か兄妹にでもなったような気分になって、こちらも幸せな気分になれたのです。恋愛をすることで、ただのマネキンみたいだったキャラクターがこんなに素敵に輝いて見え、その姿を見ているこちらもこんなにハッピーをおすそ分けしてもらえるなら、アイドルの恋愛はむしろ、どんどん推奨すべきなんじゃないか・・・・なんて思ったのでした。
もちろん、あくまでも個人的な意見です。



ガム爆弾

mi.jpg

今テレビで「ミッション:インポッシブル」(1996)を放送してて、その中に出てくる「2色を混ぜると爆発するガム爆弾」を見て「あれ?」と思った。
「もう交わってるんですけど?」
接してる面が少ないけど、化学反応が起こればガム全体が爆発する(火薬料は同じ)はずなので・・・・・タイヘンな事になるんじゃなかろうか。
うーーむむむ???



「いわゆるホラー映画」のジャンル分け

今まで3000本以上のSF/ホラー映画を見てきた私が考える、ホラー映画のジャンル分けの仕方。
ジャンルの分け方や、作品ごとの仕分け方は、人によって様々だし、最近はジャンルが複合する作品も多い。
よって、このジャンル分けはあくまで個人が考えるものであり、メモ的なものです。

怪奇映画・・・・古典的なモンスター映画やクラシック映画など。単純な恐怖よりも悲哀が濃かったり、人間ドラマに重点が置かれていたり、独特の様式美があったりする。ゴシック映画やモンスター映画に分類することも出来る。。(例:魔人ドラキュラ、フランケンシュタイン)
テラー・・・・恐怖の内容が現実的で、実際に出遭うかもしれないようなリアルな恐怖を味わうもの。殺人鬼などが絡む犯罪ものとか、カルト宗教、人道から外れた医療の話など。(例:ホステル、屋根裏部屋の花たち、コーマ)
ショッカー・・・・驚かすことをメインにした映画。恐怖というよりもビックリドッキリ。しゃっくりが止まるような映画。「突然バーン!」「音がドーン!」(例:ザ・ショック、エンティティー 霊体)
オカルトもの・・・・心霊・宗教・超自然・悪魔などを扱ったもの。サイキック(超能力)ものもここら辺に入る。(例:オーメン、エクソシスト、シックス・センス)
モンスター映画・・・・未知のクリーチャーや伝説の怪物などが襲ってくる映画。(例:放射能X、トレマーズ)
ゴシック・・・・一定の様式美を持った古風な雰囲気のある映画。(例:幻の城 バイロンとシェリー、インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア)
サスペンス・・・・瞬間的な怖さよりも、物語の謎によって喚起される不安と緊張感を味わうもの。例えれば「ジワジワゾクゾク」。(例:セブン、ヒッチコック監督作の多く)
スリラー・・・・サスペンスに似ているが、謎解きよりも恐怖を味わうことをメインにしているもの。そのため、一定間隔でショックな出来事が起こる。例えれば「3・2・1・ドン!」。「犯人が先に分かっているもの」をミステリーとする人も多いが、謎が解けているのに怖いならスリラーに入れるのが妥当じゃないかと思う。(例:激突!、SAW)
ミステリー・・・・物語の謎解きがメインとなるもの。(例:ヴィレッジ、レディ・イン・ザ・ウォーター)
サイコスリラー・・・・物語の中で登場人物の心理描写(不安やかけひきなど)がメインに描かれる、または精神的に異常をきたした人物が襲ってくるものなど。(例:サイコ、アイデンティティー、マジック、サイコ・シンドローム 僕だけを見て)
スプラッター(スラッシャー)・・・・人体破壊・殺人などグロがメインだが、怖さもしっかりある。ゾンビ映画はここら辺に入る。スプラッターとスラッシャーをあえて分けるとすれば、スプラッタは解体&内臓ドッサリ、スラッシャーは切り裂き&血がドッバー。(例:ゾンビ(スプラッター)、死霊のはらわた(スプラッター)、13日の金曜日(スラッシャー)、スクリーム(スラッシャー))
ゴア・・・・人体破壊・殺人などがメインで、怖さよりも断然グロが優先。ただひたすらにドロドログチャグチャ。(例:ギニーピッグ・シリーズ、食人族)
SFホラー・・・・物語が宇宙で展開する、あるいは科学的な設定が大きく絡むもの。(例:エイリアン、遊星からの物体X)
バイオホラー・・・・SFに対して、科学ではなく「化学」を扱ったもの。ゾンビものの一部や殺人ウイルスが広がる話、薬品などで体が変異する話など。(例:アウトブレイク、バイオ・インフェルノ、ゾンバイオ 死霊のしたたり)
サバイバルホラー・・・・1つの場所に居る複数人のグループが、生き残りをかけて戦う、または襲ってくるものから逃げるお話。グループ内に特殊技能や知識を持った人物が居たり、黒幕や裏切り者が居る場合がある。単純に生き残るだけの話ではなく、生き残って時間内に何かを成し得ないと無関係な人々や世界が「ヤバイ事になる」といった、タイムリミットや試練が課される場合もある。アクションがメインとなる場合も多い。(例:ファイナル・デスティネーション、ドーン・オブ・ザ・デッド、デモンズ、キャビン)
エンターテインメントホラー・・・・ノリやテンポが軽快で、恐怖よりも楽しさが感じられるような映画。襲われる人々よりも襲う側がスター扱いとなっている場合が多い。監督やスタッフなどがホラー映画のマニアだったり、登場クリーチャーのファンだったりすることも多い。(例:ドラキュリアン、ワックスワーク、フレディvsジェイソン)
コミカルホラー・・・・どことなくユーモラスなもの、あるいは完全に笑うのが目的のパロディやコメディ。(例:バタリアン、ヤング・フランケンシュタイン)
カルトホラー・・・・趣味思考がごく少数向け、あるいは意味がよく分からないお話。エログロやアングラもここらに入る。(例:イレイザーヘッド、バスケットケース)
B級ホラー・・・・メジャーヒットするような内容では無く、かといってカルトになるほどの話題性やカリスマ性も無い作品群。脚本家や監督の力不足で、話の展開が珍妙だったり無意味な話が続いたりする。予算の関係でビジュアル面がショボい場合も多いが、低予算でも大ヒットする作品があるため、B級化する要因の多くはスタッフの力量にあると考えられる。大抵は、一部劇場でごく短期間に公開されるのみか、ビデオスルーとなる。設定やお話の展開が理解不能なため、ジャンル分けが難しいものも多い(わけが分からない作品はほとんど、「B級ホラー」に放り込んどけばオッケー)。無理すればジャンルを分けることも出来るが、後で誰かに「え!?これもこのジャンルなの??」といわれてしまう場合もあるので、そういう場合は「まあ、B級だからね」と答える。鑑賞スタイルは、笑って見るのがスタンダードだが、笑えない作品(ただひたすらに退屈)な作品も多いので要注意。(例:アルバトロス社の作品群、トランスフォーマー社の作品群)
ダークファンタジー・・・・架空の歴史や動物を扱っているもの。魔法が絡む話も多い。(例:パンズ・ラビリンス、スリーピー・ホロウ)
パニック映画・・・・大規模な自然現象や実在の生物群などが人間を襲うもの。(例:ツイスター、ピラニア)
ジャパニーズホラー・・・・内容的にはオカルトものに含めても良いが、日本独自の宗教観や風習などが物語の柱にあり、怖さのタイプが異なっている。独自の文化が柱になっていることから、外国では怖さよりもユーモラスな印象が強かったり、怖いと感じる場面が異なっていたりする(笑いのツボが違うのと同じ)。同じように、キリスト教などの宗教観が濃いオカルト映画では、日本人が見ても怖いと思わない場面が多々ある。(例:東海道四谷怪談、リング)
オムニバスホラー・・・・共通のテーマを扱った短編、またはジャンルや内容が全く異なる短編が集まった映画。作品中にはストーリーテラー(この場合のテラーはtellerでterrorではない)や狂言回しが存在する場合が多い。(例:世にも奇妙な物語 映画の特別編、クリープショー)



2015年の干支



来年2015年の干支は羊ですね。
自分が思いつく羊キャラといったら、映画「ウォレスとグルミット 危機一髪!」に初登場した羊のショーン、ウサビッチが大人気だったカナバングラフィックスのWebアニメ「やんやんマチコ」のマチコさん、アニメ「甘城ブリリアントパーク」の音楽の妖精マカロン・・・・となっております。が、二次創作はあまり好きじゃなくてイラストなんかでも滅多に描かないので、たぶん何かオリジナルのキャラを考えて描くと思います。
そろそろ正月用のイラストを描き始めないとイカンかな・・・・と思ってますが、例によって出遅れ、遅筆、他の用事もいっぱいのため、ちゃんと間に合うかどうかは分かりません・・・・・(笑)。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。